工事中です

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダーを追加して祝日を除く平日だけ稼働する方法

はじめに

今回は、UiPath Orchestratorを使って非稼働日を作りたいと思います。
これを設定することによって、国民の日のような一般的な祝日だけでなく、会社の創立記念日、メンテナンス日などUiPathを実行させてほしくない日をより具体的に決めることができます。

csvファイルを用意する

まずcsvファイルで祝日リストを作ってみましょう。Excelで創った場合、以下のようにヘッダー行にExcludedDate、2行目に祝日となる日の一覧を記入し、csvファイルとして保存します。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー csv

ここで注意点がひとつ。表示形式はyyyy/MM/ddにしてください。yyyy/M/dだとうまく読み込まないです。もしくはYYYY-MM-DD YYYY MM DDでもいけます。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー 表示形式

Orchestratorにcsvをインポートする

UiPath Orchestratorにアクセスします。テナントに移動しましょう。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー

設定ボタンをクリックします。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー

非稼働日をクリックします。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー

カレンダーから追加ボタンを押します。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー 追加

カレンダーに名前を記入します。「祝日2021」と今回は記入してみます。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー テキスト

するとインポートしたcsvファイルに記載されている日付が青く塗りつぶされてインポートされました。保存ボタンをクリックしましょう。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー

トリガーから変更する

マイフォルダーに移動します。今回はDefaultに移動します。

オートメーション > トリガー > 非稼働日制限 > 保存したカレンダをクリックします。

UiPath Orchestrator 非稼働日カレンダー

次に週をクリックし、平日の月-金を選択します。

以上で、祝日を除く平日に稼働することになりました。

目次