工事中です

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

UiPath Chrome 名前を付けて保存 できない時の対処法

デフォルトだとChromeは自動ダウンード保存されてましう

今回はChromeをUiPathで操作する際のちょっとした注意事項についてお話したいと思います。

InternetExplorerと違って、Google Chromeは自動ダウンロードが仕様としてデフォルトになっています。ダウンロードを実行すると、下のダウンロードバーのようなエリアに格納されます。Internet Explorerのような名前を付けて保存のダイヤログは表示されません。

ここをUiPathで操作しようとしても、クリックすることはできません。詳細については過去の記事「UiPath > Chromeが動く範囲 動かない範囲」をご確認ください。

UiPath Chrome 名前を付けて保存

準備。Chromeの保存方法を変更する

ではChromeの「名前を付けて保存」を表示するにはどうすればいいでしょうか。まず設定を変更する必要があります。右上の三本リーダーから設定をクリックします。

UiPath Chrome 名前を付けて保存

下の「詳細設定」をクリックします。

UiPath Chrome 名前を付けて保存

ダウンロード > 「ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する」をオンにします。

UiPath Chrome 名前を付けて保存

無事に名前を付けて保存ウィンドウが立ち上がりました。

上記の設定を行うことで無事に名前を付けて保存のウィンドウが立ち上がりました。あとはファイル名を記入するだけです。

uipath chrome 名前を付けて保存する方法 処理後

UiPathのワークフローはこんな感じです。

UiPathのワークフローは以下のようになります。

要素を出現したときアクティビティを使用して、名前を付けて保存が立ち上がるのを待機しましょう。

また、名前を付けて保存する前にSend Hot Keyを使って「Delete」ボタンをクリックしてください。

UiPath Chrome 名前を付けて保存 UiPathのワークフロー

目次